請求書の書式、雛形、Exselテンプレート、サンプルなら


★請求・見積に強くなる!★

株なび by Investor Networks



請求書作成の意味

Microsoft Excelセミナ ー 請求書作成編

これならできる!経理実務 簿記の問題を解くだけではみえてこない経理の実務 請求書・領収書編/CSアカウンティング株式会社/中尾篤史/平野真理子

これならできる!経理実務 簿記の問題を解くだけではみえてこない経理の実務 請求書・領収書編/CSアカウンティング株式会社/中尾篤史/平野真理子


請求書とは、何らかの行為を求めていることを相手に通知するために発行する文書です。
なかでも、一般に広く利用されているのは、金銭の支払い・行政手続きの執行などを請求する時に発行される請求書です。

請求書を作成する目的は、主に下記の3点あります。
1.請求の義務があること・要求していることを明示する
2.請求の期限が近づいていることを知らせる
3.請求の期限が過ぎたことを知らせる(督促)

請求書の正しい書き方(作成・発行)

請求書を作成、発行する場合、正しい書き方、書式を理解して作成しましょう。
請求書は大切な経理書類ですので、後からの、改ざんは許されません。請求書に金額などを書く際には、必ずペンを使い、鉛筆は使いません。
請求書を書く時の基本は、ペン書きし、もし訂正があれば、その箇所を2重線で消し、訂正印を押し、上の余白に正しい数字、文字を書きます。修正液は使わないように。

市販の請求書用紙を使って作成する場合には、書き損じがあった時は、その請求書を切り離さずに、そのまま綴じた状態で、保存します。途中で控えのページがないと税務署から疑われます。
パソコンソフトを利用して、請求書を作成する場合は、控えのデータが残っています。出力して記録を残しておきましょう。データの連番が欠けていると、やはり税務署から疑われますので。

★請求・見積に強くなる!★